Home > 会社情報 > 沿革

沿革

大正13年9月 出原安太郎が広島県芦品郡新市町に9月14日、合名会社自重堂を設立し、作業服、学生服用小倉地の製織を開始。
昭和30年6月 学生服の製造販売を中止し、メンズウェア部門へ進出。
昭和35年7月 株式会社自重堂(資本金8,000千円)を設立。
昭和43年1月 メンズスラックスの量販店向け販路拡大を図るため、東京都世田谷区に東京出張所を開設。
(昭和46年7月東京支店に昇格し、東京都品川区へ移転)
昭和44年10月
長崎県松浦市に松浦工場を設置。
(平成18年11月、株式会社玄海ソーイングに統合。)
昭和47年7月 大阪市東区(現中央区)に大阪営業所を開設。
(昭和50年7月大阪支店に昇格)
昭和54年3月 長崎県北松浦郡福島町(現松浦市)に子会社、株式会社玄海ソーイングを設立。
(平成18年11月、松浦工場を統合し、長崎県松浦市に移転。)
昭和55年7月 本社社屋及び物流センター完成。
昭和58年7月 広島県芦品郡新市町に新市工場を設置。
(平成6年2月、生産活動中止。技術開発センターに組織変更。)
平成2年6月 タイ、バンコック近郊に関連会社としてタイ自重堂株式会社を設立。
(平成15年11月、売却。)
平成4年3月 広島県深安郡神辺町に物流センター(TOSセンター(現TOC(トータル・オペレーション・センター)))設置。
平成6年2月 広島証券取引所に株式を上場。
(平成12年3月、東京証券取引所と合併。)
平成6年7月 CIを導入。
平成6年12月 海外生産体制強化のため中国江蘇省に子会社、昆山自重堂時装有限公司を設立。
(平成20年6月、持分を全て売却。)
平成7年2月 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
(平成19年12月、上場廃止。)
平成7年4月 福利厚生施設として、広島県芦品郡新市町にふれあいセンター(研修センター)を設置。
平成9年9月 広島県深安郡神辺町に子会社、株式会社ジェイアイディを設立。
(平成10年5月、広島県芦品郡新市町に移転。)
平成10年5月 新本社ビル完成。
平成10年11月 東京都港区に東京支店ビルを完成し、12月に東京支店を移転。
平成11年7月 医療用白衣の製造販売を開始。
平成11年8月 本社/技術開発センターにおいて、ISO14001規格の認証を取得。
平成12年3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成13年10月 リサイクル推進協議会会長賞受賞。
平成16年7月 大阪市中央区南船場のビルを購入し、9月に大阪支店を移転。
平成17年1月 セーフティシューズの製造販売を開始。
平成20年6月 産業廃棄物の広域認定制度の認定を取得。
平成27年7月 企業理念・CIを刷新。

(注)芦品郡新市町、深安郡神辺町は、福山市との合併で、現在、福山市新市町、福山市神辺町になっています。