Home > 採用情報 > 先輩からのメッセージ > パタンナー(猪木 沙織)

パタンナー(猪木 沙織)

創り上げる感動を実感

 小さい頃からファッションに興味があり、大阪モード学園で学びました。2004年に卒業し地元の優良企業であり、パタンナーを募集していた自重堂に入社しました。入社以来パタンナーの仕事をさせてもらっています。パタンナーとは、服の型紙を設計する職種です。デザイン画のイメージを忠実に再現するだけでなく、見栄えや着心地の良い商品を作るためのキーパーソンです。イメージ(平面)を服(立体)にするというのは、技術面だけでなく様々な困難があり、それがまたパタンナーの魅力であり、苦労が多いほど商品ができ上がった時の喜びは大きいものです。
   最新のCADシステムによる効率的なパターンメイキングだけでなく、素地・縫製・裁断などのアパレル技術をもった”モデリスト”になることが私の目標です。

  • 猪木 沙織
  • ユニフォーム技術課
    大阪モード学園卒
    2004年入社

ファッションに興味のある女性は是非

 私は2004年に入社し、現在は3児の母です。3度の出産に際しては、充分な産前・産後休暇や育児休暇を取得し、パタンナーとして職場復帰の後も、毎日時間短縮勤務をさせて頂いています。仕事をしながら子供との時間も取れており、子供が熱を出して急に仕事を休まなければならない時は、上司・先輩がフォローして下さり、大変助けられています。そのため、普段から自分がどんな仕事をしているか、コミュニケーションを大切にしています。
   学生さんへのメッセージとして、経験がなくても大歓迎です。おしゃれをするのが好きな方、裁縫が得意な方、服に興味のある方は是非会社説明会にお越し下さい。自重堂は、結婚・出産・育児に関する制度が整っているので、女性にとって大変働きやすい職場環境だと思っています。

先輩からのメッセージTOPへ戻る